勤怠管理はどこまで進むのかの話 1

昔ながらのタイムレコーダーで勤怠管理を行っている職場もまだまだ存在すると思います。勤怠管理の手法が進められた理由の1つとして、代理でタイピングなどのような不正を防止するといった意味合いは大きかったはずです。そして現在では、昔ながらのタイムレコーダー以外にも、指紋認証、生体認証、IC認証などの様々な種類が出来上がっています。これらによって不正な出退勤は激減したのはいうまでも無いとは思いますが、今度は雇う側の都合で先に退勤した事にさせられる不正が残っているのは事実だと思います。勤怠の管理となると、やはり雇う側も雇われる側もキチンとしておきたいところだと思います。まだ普及の途上段階ですが、スマートフォンが携帯電話のように1人1台となれば、完全な勤怠管理も可能かと思います。GPS機能もありますから、出退勤どころか業務中の移動も把握できます。

ホストにハマりません?

http://cgo.jp/

http://kousaiclub-tokyo.com/

http://www.livedechat.tv/

http://www.speed-speed.com/ume1